人気ネクタイが、まさかの廃盤(製造中止)!その1

  • 2019.05.17 Friday
  • 18:56

246252258264279

ある日のAGOは、棚卸表を整理しながら異変に気付きました。

サンプル用のディスプレイに並ぶネクタイの中でも、特別に気にかけていた一品10. グラティチュード。その商品の補充が止まっていたのです。

「それもう、廃盤なんですよ。」と、教えてくれたのはデザイナーの木場でした。

「え、どうしてこれが廃盤になるんですか。」

驚きとともに聞き返すと、名残惜しそうな表情を浮かべながら木場が答えます。

「そもそもその商品はね、西陣の古い機屋さんにお願いしたんだけど。最初は断られてね。難しいのよ、織るのが」

木場は、手に取っていた10. グラティチュードをAGOに受け取らせると続けます。

「厚いのがわかるでしょ。織り込み方が違うの。何度もお願いして、仕上がりをやり取りしながら、ようやく完成したんだけどね。」確かに、肉厚で立体感のあるこのレベルの織は、ちょっと他では見当たらない。けれどもそれがなぜ、

「だけど、もう作れないの」

そんな結論になってしまうのか。

話をよく聞くと、「製造先の機屋さんで、古い織機をどうしても交換しなければならなくなった」からだというのです。そして、織機が変わると、それだけでもう二度と同じ商品はできなくなるというのです。

「だからもうこの商品は今あるだけでお終い。追加生産できないから」

どこか未練を断ち切るかのように、木場は足早にデスクに戻っていました。

廃盤が既定路線であることを知り、途端に執着心が芽生えたAGOは10. グラティチュードを手にしたまま木場のデスクに向かっていました。

「デザインだけ生かすとか、その機屋さんでダメなら他にも・・・」

「違うものを同じ商品として出すわけにはいかないでしょ」

「だったらリニューアルで」

「同じデザインで?」

「はい。デザインはこのままで、や、何かちょっと変えるとか、リニューアルとしてでも」

「うーん、今度また京都に行くから、その時ちょっと相談してみる」少し困ったような表情のままパソコンのキーボードを叩き始めました。

後日、まったく別の話の流れで商品についてのデザイナーの考えを聞く機会がありました。それは、ひとつひとつの商品に対する作り手としてのこだわりの部分でした。その、作り手としての感性に照らし合わせると、おそらくAGOが提案したリニューアル案は、そぐわないものであったに違いありません。

「完成品」を別の形で改めて完成品として世に出すことに対しての抵抗感は、人一倍大きいことでしょう。ただ、私はここに手にする10. グラティチュードが完全に世の中から消えてしまうことだけは、何とか避けたいという一心で、その後もことあるごとにリニューアルをプッシュし続けました。(つづく)

246

人気ネクタイが、まさかの廃盤(製造中止)!その2

  • 2019.05.20 Monday
  • 12:25

279

デザイナーの木場が京都に出張を控えた数日前のことであったと記憶しています。一枚のコピーが手渡されました。そこには、FORTUNA Tokyoのロゴが配置された数パターンの生地デザインがありました。



以前より打合せを重ねていた件でしたので、地色の絞り込みかな、と何気なく受け取りましたが、

「これ、裏地にしてみたらどうかな」との言葉に、反射的に答えました。

10. グラティチュードですね。リニューアルの!」

FORTUNA Tokyoの商品は、身に着ける人が主役であり、着装される方をいかに引き立てることができるかという視点で開発されています。また、「裏勝(うらまさ)り」といわれる、着物の見えない部分のお洒落にこそこだわるデザイン手法を好んで取り入れている点も特徴の一つと言えます。

10. グラティチュードの裏地は、無地ですので、ここにデザインを施すことでリニューアルするということであれば、きっとお客様にもご理解いただけるのではないかと思いました。裏地のデザインはFORTUNA Tokyoのロゴをベースにポイントとして桜のデザインが配られています。

「そう。次回のサンプル会議で議題にするね。」

「いいですねぇ。これはやっぱり残すべきですよ。絶対売れますから。こんなネクタイ他にないんですから。」

ここ数週間何度も聞かされたであろう10. グラティチュードに対する大雑把な全肯定トークに、木場は苦笑していました。

そして今、AGOの手元にはサンプルが届いています。デスクに並べて毎日眺めています。なんとなくですが、フィギュアを机に並べる人の気持ちが分かるような気がします。

お披露目が可能となり次第、いち早くAGOブログでお伝えしようと思います。

 

新党結成

  • 2019.06.05 Wednesday
  • 19:13

グラティチュード愛好家のAGOです。今、同商品のリバイバル化を進めるとともに、ポロシャツでのデザイン展開も画策しています。

 

ポロは、別柄の優先案件が進んでいますので、もうちょっと時間がかかりそうなのですが、全力で推してまいります。

 

ボウタイ(蝶ネクタイ)での取り組みもございまして、こちらは順調に進んでいます。

 

ただ、グラティチュード柄を推しすぎて、時々デザイナーから面倒くさがられたりもします。

 

自分でもどうしてここまでこのデザインにハマったのか不思議なところは感じます。あるいは、特異な嗜好性の持ち主である可能性も否定できません。商品開発的にバランスを欠いた推しをしてはなりませんので、客観性のある理由付け(正当化)ができるように、ここしばらく勉強を進めました。

 

そうしたところ、統計的に有意な資料とともに、日本文化に根差した説明資料を入手することができました。 はい。AGOだけの特殊な嗜好性ではなかったということです。

 

結論的に、日本人は正方形が大好きなんです。しかも、その性向は加速しているものとAGOは分析します。

 

古くは、茶室。4畳半の正方形です。日本の三大随筆の一つ「方丈記」の方丈とは、これまさに4畳半ほどの正方形の居室を指します。現代ではあまり見かけない空間ではありますが、文化的、歴史的に日本人に馴染みの深い形状であることをうかがい知ることができます。

 

また、こちらも最近ではあまり見かけませんが、囲炉裏も、正方形です。家族のだんらんの真ん中には、ちゃんと正方形が存在したのです。しかも、囲炉裏につるした鍋に入る具材や水を計量する道具もまた、正方形の升でした。

 

そして現代はというと、スマホです。スマホを開いて並ぶアイコンは正方形がベースとなっています。コンテンツ画像にも正方形の規格が増えてきました。

 

朝起きて、スマホをチェックします。夜寝る前にもスマホを開きますね。スマホを開くたびに、正方形デザインが目に飛び込んできて、刷り込まれていきます。

 

現代人は、正方形とともに目覚め、正方形とともに働き、そして正方形を見ながら床に就くわけです。時はすでに、正方形デザインの全盛期といっても過言ではありません。

 

そういうわけで、AGOはこれからもグラティチュード柄のさらなる商品展開を推して推して推しまくる所存でございます。どうか、既存商品ともども、和格子と正方形のデザインに、より一層のご理解と、厚きご支持を賜りたく、心よりのお願いを申上げまして、本日ここに掲げる新党立党のご挨拶とさせて頂きます!

 

・和格子と正方形の党 代表 Mr.AGO

「和格子と正方形デザインへの軽減税率適用を推進します。」

■西陣織ネクタイ グラティチュード 

 

下着開発

  • 2019.06.06 Thursday
  • 20:01

昨年であったかと記憶しています。男性下着の開発が検討されました。

 

モデル・サンプルが会社に届きまして、AGOが実験台になりました。

 

書面上、表現しずらいのですが、なんといいましょうか。「二つの部分」と、「一つの部分」に分かれるようなタイプの下着でして、その着心地をリポートするお役目を頂戴しました。

 

前評判としては、かなりイイらしい、とのことでしたので少し期待して履いてみました。

 

しかし、サンプルのサイズ(全体のですよ)が少し小さかったこともあってか、残念ながらAGO的には、想像していたほどの着心地ではありませんでした。

 

前評判と乖離があったため、すでに市場にある商品をよくよく調べてみると、特に「二つの部分」の快適性について、医学的見地からも追求していたりして、「なるほどなぁ」と思える特徴を有していました。

 

AGOが試したタイプはどちらかというと「一つの部分」への気配りはあったものの、「二つの部分」についての工夫がもう少し必要であったかなという所感を持ちました。

 

裏地リアンとしては下着の開発にも興味がありますので、またの機会に開発を試みたいところではあります。

 

 

 

 

コアラのマーチ的な

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 19:09

FORTUNA Tokyo のネクタイには小紋柄がたびたび登場します。もちろん、商品化の前に生地にすることが必要となるわけですが、例えばペガサス柄であれば、ペガサスがズラーっと生地に並ぶわけです。

 

それで先日、とある生地データについて打合せがありまして、「一つだけレアキャラを入れるとか、色を変えるとか」っていう、コアラのマーチ的なノリで軽く話をふってみたのですが、即ボツりました。また何か、別の形で採用されるように、再提案を考えます。

 

AGO

二代目グラティチュード(仮)

  • 2019.06.14 Friday
  • 19:58

嬉しいニュースです!ついに、新生グラティチュードの生産スケジュールがあがってきました。過去のブログでもご紹介の通り、AGOは自他ともに認めるグラティチュードの大ファンでございます。

 

本日は、二代目グラティチュード(仮)のプレスリリースにむけての準備を進めるという幸せな作業に従事することができました。

 

販売開始は月末か来月の頭を予定していますが、今回はAGOの肝いりで、先行予約割引販売につきましても前向きに検討してございます。早ければ来週にもプレスリリースを予定していますので、どうぞご期待ください。

 

AGO

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「見える化」と「見えない化」
    AGO (10/03)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM