雨あがる

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 17:17

関東では朝からけっこう激しい雨が降っていまして、所によっては今年一番の大雨になったようです。AGOは少し前に遅めのランチに出かけましたが、戻るころには雨は上がっていました。

そんな時にAGOが思い出すのは、名作映画「雨あがる」です。不器用なサムライの生き様が清々しく描かれており、時々思い出してはDVDをレンタルしたりします。

サムライ物では、「のぼうの城」も大好物です。こちらは、ユルフワ系に描かれた武将が思いのほか頑張って、サムライを発揮する感じの映画です。

なんといいますか、普段はあまり表に出さないながらも、心の底ではちゃんと「侍」を飼っている感じの、日本人でしょうかね。そうしたところが描かれているように思います。

AGO的には、曲げてはならない何らかの価値観のために頑張って戦う姿に、どういうわけか共感してしまうのです。


・時代が変わってもずっと侍が好きな人のためのポロシャツ
16. サムライ 侍柄ポロシャツ 半袖



追伸:雨、また降ってきました。

叩き壊しますね!?(その1)

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 11:13


先日、診療所に行ってきました。整形外科です。

どうも歩くと足に痛みがありまして。しばらく放置していたのがいけなかったのでしょうか。

朝や休日は平気なのですが、疲労がたまった仕事帰りの道のりとか、軽く足を引きずって歩くくらいに悪化してしまいました。

足を強くぶつけたような記憶はありません。痛風の発症経験もございません。(例の値も今のところぎりぎり許容範囲内です。たしか。)

診療所でもとりあえずレントゲンを撮られましたが、先生も首をひねるばかり。

「ちょっと、エコーで見てみます」

痛みの中心部分を探索されながら、最近何か心あたりはないか聞かれます。が、ありません。

「あ、そういえば・・・」AGOがあることを思い出して、先生に話はじめるとほぼ同時に、

「ん!?ん〜、なんだ。なんかおかしいのがあるぞ〜」

先生がエコー映像を凝視しながら、少し嬉しそうにしているのが気になります。

「あの〜・・・」

「お、これだ!これ、おかしい。これ、なんだ!?」何だか先生、やっぱり少し喜んでるような。

「実は、20年くらい前に、もう右足か左足かも忘れましたが、足首の近く、剥離(はくり)骨折したことがあります。」

「それだ!それ!これ!」もう先生、完全に盛り上がっています。AGOはやや引き気味です。

映像を見ると、ちょろっと何か、先端に丸みをおびた小さな突起状のものが確認されます。それが剥離(はくり)骨折の後の部分らしく、骨片が突き出ているとのことです。

「手術してとっちゃう人もいるけど、痛いですから、あまりお勧めしません」と、先生。

なんとお優しい。はい、賛成です。おっしゃる通りでございます。痛いのは反対です。

「それか、叩き壊しちゃうかですね。」

(は?た、叩き壊すって、さっきよりヤバくな・・・)

「せっかく来たんですから、やっちゃいましょう!はい、師長さんご案内。」

(つづく)

叩き壊しますね!?(その2)

  • 2019.05.23 Thursday
  • 12:26


叩き壊しますね!?(その1)のつづきです。

(え〜?たたき壊すって、言ってたけど、え?叩き壊すって、骨でしょ?)AGOは必死で頭の中を整理します。

 崋蟒僉廖當砲ぁ→NG

◆崔,壊す」=(  )→OK

△龍欄を論理的に埋めようとすると、「痛い」は入らないはずです。痛い、だと,汎韻犬覆里NGのはずです。それなら、(  )に入るのは「痛くない」のはずです。

でも、骨を痛くなく叩き壊すって、そんなこと可能なのでしょうか・・・

施術室の前で椅子に座り待機。部屋の中をチラ見すると、何かドリルのようなものを持った看護師さん。

いやいやいや、ダメですよ。それはいけません。ダメなやつです。明らかに痛そうです。持て余さんばかりの破壊力をやさしく包み隠すような、そんな気遣いあるデザイン性は一切ありません。ザ・ドリルです。AGOには、白衣の「悪魔」が残忍なドリル武器を点検しているようにしか見えません。

呼ばれます。

入ります。じーっとドリルを見つめながら入ります。

AGOの様子に何かを感じ取ったようです。

「あ、先生から何か言われましたか」

「はい。なんか、叩き壊すって・・・」

「あー、先生よく言うんですよ〜。これはですね、」どうもホッとしたせいか、よく覚えていませんが超音波系の衝撃を発する治療器具のようでした。

それなりに痛いことはされましたが、想像していたのとは違っていましたので我慢できる範囲です。

完治したのかどうかはわかりませんが、今のところ痛みは発生していません。それよりもなによりも、ハンマーみたいなもので骨を叩き壊されなかったことを幸いに思っています。



・古いセンスは叩き壊せ!
    新しい扇子で旋風を巻き起こせ!
■西陣織シルク京扇子(オール・ハンドメイド)

暑さ対策に、ピルクルとミラクル

  • 2019.05.24 Friday
  • 10:43


急に気温が上がって来ましたね。東京の週間天気予報を見ると、最高気温が30℃越えの日が週明けまで続いています。

暖かくなってくると、のどが渇きやすくなります。乳酸菌好きのAGOは冷蔵庫にピルクルを常備していますので、朝晩にゴクゴク飲んでいます。

いつも同じだと飽きてしまうので、カルピス、マミー、ヤクルト、飲むヨーグルトも時々冷蔵庫に入っています。レア物として、スコールを入手することもあります。

飲んでどうなったかという実感はあまりないのですが(いつも飲んでいるので)、乳酸菌を好きになったきっかけというのは覚えています。それは、飲料ではなくてお薬でした。

ビオフェルミンという白い錠剤で、幼いころにお腹の薬として祖母からもらった記憶があります。印象的だったのは、食べてもいいお薬だったことです。

当時、水で飲むには子供にとっては少し大きめの錠剤に思えましたが、食べてもいいということなので、安心してかじっていました。ほんのり甘みが感じられる牛乳に近かったような覚えがあります。大人になってからはかじったことがないので、味については正確ではないかもしれません。ただ、この時の好印象が、AGOを乳酸菌ファンに育て上げたことには間違いないでしょう。

AGOにとっては帰宅後に飲む一杯のピルクルが、一日の疲れをリセットしてくれるようでもあり、一方でまた、元気にお酒を飲みに行くスイッチでもあるのかもしれません。


・「ピルクル」でクールダウン。「ミラクル」でクールビズ。
サラサラ生地のポロシャツ「ミラクル」半袖

月曜日のイタチごっこ

  • 2019.05.27 Monday
  • 12:29

月曜日の朝は迷惑メールの処理から始まります。一応サーバー側でも個人でもフィルタリングしているのですが、どうしてもすり抜けてくるものが一定数あります。

GWのお休み明けは結構な量になっていましたので、本当に迷惑だなぁ、と改めて思いました。中には一瞬、必要そうに見えるものもあって、詐欺の手口の巧妙化を感じますね。

サイバーセキュリティ上では、攻撃する側が圧倒的に優位ということもあるので、何か一定の抑止力を持つ仕組みが必要だとは思いますが、なかなか難しいようです。

例えば、通常のメールに対して誤って対抗措置が発動されたりしたら大変なことになりますしね。また、送信者のシステムが無関係の人間に乗っ取られているような場合なども想定すると、より高度な対応力が求められます。

当分は「イタチごっこ」が続くものとして、可能な限りの自主防衛を試みるしかないのかもしれません。


・イタチと書いて、ダテと読む。
■マサムネ ポロシャツ(半袖)

鉄板の記憶

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 10:22

AGOは鉄板の前に座ると無条件でワクワクしはじめます。きっと、鉄板から楽しい思い出を刷り込まれて生きてきたからに違いありません。

家族のだんらんであったり、縁日であったり、とにかくエンターテイメントが詰まっているんですね。ぎっしりと。

あの銀ねずの長方形が熱々になって、空気を揺らめかしはじめるころに、バシッと豚肉が引かれて、そのあとジュワーッとたねが落とされます。はい、お好み焼きですね。その得体の知れないドロ状のものを初めて見た時は、まぁ期待感ゼロでした。ところがですよ、ひとしきり湯気を出したその塊が、端から薄っすらと焼き色を付け始めるんですね。

そこでまぁだいたい、母親か、いわば鉄板奉行役の人がですね、ヘラを取り出しては、忙しく状態をチェックしだしますね。そしてここぞというタイミングで、皆の注目を一身に集めながらバフッ、とひっくり返したら、もうヒーローですね。子供たちは一斉に歓声をあげます。

そうして裏面に火を通しながら、今度はソースをトロリとかけてきれいに撫でまわすわけですが、鉄板に落ちたソースの香りがまた一段と食欲をそそります。これはもうマジックです。鰹節なんかを振りかけたらワラワラと踊りだすわけですから。

熱々の鉄板。子供たちは決して触れてはならない。まさにそんな緊張感に満ち溢れた舞台上で、目の前で、旨いものができあがっていく経験、強烈な印象とともに記憶に刻み込まれています。


・鉄板も恋も、熱々がいい。
■Juneブライドの鉄板ネクタイ ホライズン(ネクタイ・チーフセット)

今日からあなたも裏地リアン

  • 2019.05.29 Wednesday
  • 16:22

着物の見えない部分にお洒落を凝らす「裏勝り」という言葉があります。

 

表地はあえて地味にみせて、裏地を派手にするような着物がそれにあたります。 江戸時代に発された奢侈(しゃし)禁止令では、庶民に贅沢をさせないように色や価格の制限が行われました。これに対し、当時の伊達男たちは裏地に粋を表現することを競ったといわれています。

 

このように、時代の流れに柔軟に対応しつつ、自らの矜持を保ち続けるスタイルを、【裏地リアン・スタイル】とAGOは勝手に申しております。

 

現代社会の様々なる規制や規則もまた、何かの足かせとなることがございます。しかし、そうしたルールに従いつつも、大切にしたい価値をどこか一面に忍ばせることは可能でございます。

 

いつの日かその小さな一面が足掛かりとなり、理想を形づくるよう後続に託す。そんな信念の物語にはロマンを感じます。 そして、そんな裏地リアンな生きざまが大好きなAGOは、裏地リアンの皆様にぴったりのネクタイをご紹介するのです。

 

■真面目にぶっ飛べ。遊びゴコロを忘れない裏地リアンのあなたにお勧め!

・20. UKIYOE 浮世絵 西陣織シルク ネクタイ

 

★付属メッセージカード "Love you just the way you are." あるがままに輝いて。

 

 

 

■波渡る若者、富士の心で見守る。父性あふれる裏地リアンのあなたにお勧め!

・18. HOKUSAI 北斎 西陣織シルク ネクタイ

★付属メッセージカード "Hoping that your beautiful personality blooms." 個性が美しく花咲くように。

 

 

iPhoneキレい

  • 2019.05.30 Thursday
  • 17:02

 

時々使用することがあります。社用の携帯電話です。iPhoneなんですけどね、美しいです。

個人携帯はiPhoneケースに入れて使用していますので、普段はあまりムキ身のiPhoneを見る機会はないのですが、いざこうして手に取るとスティーブ・ジョブズさんの美的なこだわりが伝わってきますね。

これは、このまま使うのが正解なのかなぁ、とネットで検索してみると、双方のご意見が盛んに書き込まれていました。

うーん、難しいところです。不要派のご意見として堅牢性についても言及されていました。しかし、やはり個人的には不安が残ります。

ある意味、赤ちゃんなんですよね。裸ん坊のままでも生命体としての美しさがあるのですが、だからこそ、服を着させてあげたい親心のような。伝わりますでしょうか。

まぁ、結局のところ結論としては・・


・人それぞれ。ケース バイ ケース。
■西陣織iPhoneケース

 

カッコいい扇子の使い方ベスト3

  • 2019.05.31 Friday
  • 19:30

 

 

扇子って、あったらいいなって思うとき、たまにありますよね。でもそれも、年に2,3回くらいでしょうか。そう考えると、結構マイナーなアイテムですね。

まぁ、日本の夏は建物の中ではクーラーが効いていることが多いので、あまり無理して多用する必要はないとは思うわけです。

そういう意味では、現代的にはオシャレ・アイテムとしての効用の方が大きいと言えるわけです。はい。それでもって、大人のアイテムなわけです。

団扇とは違いますので、暑い暑いと全力でバサバサとやってしまってはいけません。よくあるNGは、扇の全開です。扇子はむしろ、チロッと開いて手持無沙汰をなぐさめる程度にやるのが正解です。扇いでる姿を見た他人様が涼を感じるくらいの画を意識してください。

そうした観点から、本日のタイトル。カッコいい扇子の使い方ベスト3(AGO調べ)を以下に解説します。


■第3位:比較的空いた電車で座れた時

ポイントは、弱冷房車であることですね。別に我慢できないほどの暑さでもない時に、スッと扇子をとりだして時々扇いでは、周囲の目に涼を配るのです。

もうちょっと、冷房効いててもいいかな、という車内世論を代弁する形で周囲の不満エネルギーをなだめます。結果的に車内の気温を少しだけ下げることができるかもしれません。



■第2位:お祭りの帰り道

ポイントは、帰り道での使用です。行きの道中とお祭り参加中は、手拭いで男らしく汗を拭くわけです。小まめにぺたぺたと拭いてはいけません。時々とりだして、まとめてわしゃーっと適当に拭う感じでいいのです。

それなのに帰り路、さりげなく取り出して、まずは自分に3回扇ぎます。そうして、その日お誘いした隣を歩く女子の視線を感じたら、ふっふっと2回扇いであげます。暑いねトークからのお店探しが始まります。



■第1位:バーの着席時

ポイントは、入店前に扇子を取り出しておくことです。ただし、扇ぎながらの入店は失礼でカッコ悪いので控えましょう。

ただ普通に、手にもったまま席につきます。実際に店内が暑いときは、少しだけ扇ぐと良いでしょう。それは扇子の風で涼むことが目的ではなく、マスターに冷房を強めて欲しいというメッセージを伝えるための所作なのであります。

それでは、店内が涼しいときはどうすればよいのでしょうか。その時は、カウンターテーブルにやや無造作に放置してください。良い扇子であれば、きっと誰かが話かけてきます。そうです。見せびらかしです。会話を広げるアイテムとして、扇子が役に立つのです。あとは思うがままに、カウンター席の話題を独り占めしてください。



・現実はそう上手くはいかない。
■製作3か月 全行程職人さん手作り 西陣織シルク京扇子 渋さNo.1の黒  

 

 

ちゃぶ台返し

  • 2019.06.03 Monday
  • 17:10


AGOの父親はおかげさまで健在です。そんな父の誕生日なのですが、父の日とわりと近いので、例年ひとまとめの体で贈っています。

どちらかといえば、昭和が色濃い父でしたので、昭和の代名詞「ちゃぶ台返し」もしっかり経験してきました。

あれもなかなか面白くてですね、なんとなく不穏な空気を察知するとみんな急いで汁物を空にするわけなんですよ。「お、やばいぞ。来るかもしれないぞ」ということで、みそ汁なんかをザーッと飲み干すと、弟も「あ、兄ちゃん、これやっぱ来るやつか」という感じで、牛乳を一気飲みしたりしてですね、事に備えた思い出がありますね。

今ではもう、赤いちゃんちゃんこに袖を通したということもあって、ずいぶんとご隠居然としてきましたが、時折当時のことが懐かしく思い出されます。


・これからも、わが家の王様であって欲しい。
父の日に贈る、ちょっと贅沢なポロシャツ「キング」(国産)


 

事前予告

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 19:44

事件は、帰宅途中の電車内で起きました。

 

満員とはいかないまでも、ちょっと電車が揺れると隣の方とぶつかりそうな程度の混み具合でした。

 

都内のとある駅に停車する際、隣に立っていた女性が咄嗟に声をかけてきたのです。

 

「すみません!」

 

ん?

 

なぜ謝られているのか、不思議に思ったAGOが事態を飲み込むには、0.5秒ほどの時間が必要でした。

 

ドンッ!

 

停車時のGに耐えられたなくなった女性がぶつかってきました。(といってもちょっと当たる程度です)

 

なるほど、事前予告ですね。納得し、軽く会釈。

 

こういう場面、ぶつかった後に謝るものとばかりと思っていましたが、

 

もうアカーン、となった場合はそれ以上無理に踏ん張るのではなく、先に謝罪の言葉を投げかけるというスタイルがあるのですね。

 

新鮮でした。そして、まったく嫌悪感がないどころか、むしろその潔さに誠意を感じました。

 

事態を先取りし、事前予告するということです。AGOも今後は使わせていただこうと思います。

 

が、なかなかそういう機会もないので、取り急ぎこちらで。

 

 

・本日はお買い上げ頂きまして、誠に有難うございます。

■FORTUNA Tokyo ベストセラーネクタイ チャンス(ディープブルー)

ワイ談(ワイシャツとクール・ビズにまつわる例の談)

  • 2019.06.07 Friday
  • 19:41

6月に入り、世の中がクール・ビズ化されました。ちょうど梅雨の時期とも重なりますので、ワイシャツの下スケスケ問題等で盛り上がる季節の到来でもあるようです。

さて、まず洋装の「べき論」から入りますと、ワイシャツ自体が肌着扱いとされますので、本来的にはその下に重ねて肌着のシャツを着るべきものではなく、また、下着たるワイシャツで街中を歩き回ることはいかがなものか、というような論があります。

ただ、ジャケット着用時であっても袖口やVゾーンからワイシャツは見えていますよね。なので、少しでも見えたら恥ずかしい、という性格のものではないでしょう。しかも、着座時は基本的にジャケットのボタンを外すものです。すると、もうだいぶ見えちゃってますよね、日常的に。そう考えるとまずは、少なくとも女性下着と同等のレベルで見せる見せないを比較するような話ではないのかなと、AGOは思います。

一方で、フォーマルなスタイルとしては認めがたいという点につきましては、その通りだと思います。

暑いからといって、適当にパーツをはぎ取っていったら、中途半端におかしなことにはなりますね。現在のクール・ビズ・スタイルの多くがこれに該当するのかもしれません。完成品からパーツを抜き取れば、未完成品になります。

例えば、キン肉マンの人気キャラクターであるバッファローマンのフィギュアを「こちら、ピース・スタイルです。ツノは物騒なので取っちゃいました。」なんていってツノなしで売ってもあまりウケは良くないでしょう。ほぼ、80年代のロック歌手にしか見えなくなっちゃいます。いや、実際に、ストーリーの中でツノがなくなったこともありましたよ。でもその時のバッファローマンは、見た目的にバッファロー感が皆無になりましたから。肝心な「バッファロー」な部分を取っちゃったら、もうあとに残るは「マン」ですからね。それ、ただの男です。それはもうバッファローマンじゃないんです。

それから、ちょっと話を戻しますが最近はワイシャツの下に透けにくい下着なんかも流行っているみたいです。AGO的にはどうもしっくりこないんですね。肌色の下着。これって着たくて着るものじゃなくて、弥縫策としての着用ですよね。少なくとも自分以外の誰かに購入をおススメする気にはなれません。

とはいえ、暑いものは暑いし、何より日本は湿度が高いですから。形式にこだわるあまり、汗だくになるっていうのもまた、逆にお洒落ではないと思います。そういう意味では、日本の気候にあったビズ・スタイルを別に提案していく作業も必要だなぁ、とも考えます。

昨今のスーパー・クール・ビズの流れで、ポロシャツが定着するならばそれはそれでも宜しいのかもしれません。先ほどのキン肉マンキャラのたとえで言うならば、ビズ・ポロはウォーズマンです。ウォーズマンは最初からツノがありませんから、当然ツノなしで売ってもおかしなことにはなりません。ノー・タイ、ノー・ジャケットでも構わないという理解に至ります。これはもう、スタイルとしての再定義です。

加筆するならば、通勤時やなんかは、さらに自由で良いのではないでしょうか。いちいち会社で着替えるのが面倒という方は、もちろん今のスタイルで結構なわけですし。夏場でもビジネス・シーンによってはどうしてもスーツでという時も当然あるでしょうけれども、それ以外は柔軟なあり方があっていいとは思いますね。


・その方が服も売れるかな、と。
■ミラクル ドレスシャツ 肌触りの優越感=コットン100%



 

雨の楽しみ方ベスト3

  • 2019.06.10 Monday
  • 17:47

月曜日の雨もキライじゃないAGOです。

昔から、なぜか雨の日が嫌いではありません。ずぶ濡れになるとかはイヤですけどね。

雨の日は雨の日なりに、どこか別世界な感じがして、良い気分転換になるような気がします。そこで本日は、雨の楽しみ方ベスト3(AGO調べ)をご紹介します。

■第3位 テントの中から緑を眺める

大事な点は、自分は濡れないというところですね。濡れないポジションにいながら、テントに落ちる雨音を楽しみつつ、遠くの雨雲が山肌を流れながら雨を降らせていく様を見守ります。そして、ふと目の前を見てみると、雨水から避難する小さな生き物たちの動きも見て取れます。しかし、あまり雨脚が強まると、テント周囲の側溝を追加で掘る作業が発生します。その時は、覚悟を決めてずぶ濡れになるしかありません。掘るか、様子見か、雨空との駆け引きも楽しみの一つです。


■第2位 船上から海面を眺める

これも濡れないところから、というのが大事ですね。体温が奪われますので、あまり長い時間濡れ続けると楽しめなくなってしまいます。でも、釣りの最中となると少々濡れても頑張ってしまうAGOです。なんだか、雨が降ることで魚が油断して釣れやすくなるのではないだろうか、という勝手な思い込みに励まされます。ただそれ以上に、揺れる海面に無秩序に出没する波紋が、無条件に好きです。


■第1位 すぐ洪水する近所の小さな溝を眺める

これ、本当はダメなんでしょうけどね、いろんな意味で。まぁ、良しとして。ただもう分かるんですね。あ、このくらい降ったらまた景気よく溢れてるだろな、と。で、案の定、ジャンジャカやってるわけなんですね。おー、今日も凄いなー、と。なんでしょうね。子供の頃からそういうのを見て喜んでいましたので、AGOが成長していないだけかもしれません。

1位から3位を振り返ると、全部アウト・ドアですね。近所も含め。

雨の日を楽しく過ごす系のタイトルだと、大体屋内での遊びがメインになりますが、雨そのものを楽しむには、外に出かけるのが一番です。雨の日こそ、冒険に出かけましょう。



・そうさ、今こそ
■アドベンチャー・・・西陣織シルク100%ネクタイ

 

 

就活応援

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 19:03

 

来年の春に卒業を迎える大学4年生は、ちょうど今くらいの時期に最終面接のピークを迎えるようです。業種にもよりますが、概ねの傾向として、夏前が一つの大きな山場のようですね。

この時期はクール・ビズによってネクタイをする人が減ってしまいますので、ネクタイを着けた就活生の皆様を見かけると、心から応援したくなります。

夏を迎えても、なかなか思うように内定(内々定)の通知を得られない学生の方も、あきらめずに最後まで頑張って頂きたいなと思います。

「そういえばそろそろ、来年の新卒どうしようか」という弊社のような会社もございますし、大口採用をする企業様ですと秋採用枠もございます。

必ず、チャンスは到来します。そのチャンスを逃さずにつかみ取って下さい。



・就活生に、チャンスを贈る
■チャンス 西陣織ネクタイ

 

宇宙人対策アイテム

  • 2019.06.13 Thursday
  • 20:07

詳しいことはよく分かりませんが、月の裏側の地下に何やら巨大な物体があるそうです。

 

いつか人類が掘り起こして地球に持ち帰るような日が来るのでしょうか。

 

隕石で作った刀というものがあるそうです。AGOは実物を拝見したことはありませんが、流星刀と呼ぶらしいですね。なんだかもう、名前からしてすでにカッコイイです。

 

もし機会があれば、地球にはない、宇宙物質を使用した服飾アイテムを創ってみたいですね。隕石を使用した時計(文字盤)なんかは既にあるみたいですが、繊維加工可能な物質となると、なかなかハードルが高いですね。染料としてなら、該当するものもあるのかもしれません。

 

でも、もし宇宙人がいた場合、どうなってしまうんでしょうね。勝手にその土地(星)のものを持っていったら、きっと怒るでしょうから。そういう時はやはり、紳士的に名刺交換から交渉に当たるのが良いのではないかとAGOは思いますね。

 

・いざ尋常に、名刺交換

■サムライ柄 西陣織名刺入れ(姫路レザー&西陣織)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーフィン大会(顱

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 19:30

 

もうすぐ海の日です。FORTUNA Tokyoでは、AGO主催のサーフィン大会が開催されましたので、その模様をお伝えします。

 

今回の会場は少し変わっていまして、本物の海ではありません。西陣織の生地と、ネクタイで海や波を表現してみました。

 

理由は明確で、最後に宣伝する気だからです。

 

さて、それでは早速ですが、最初に波のトンネルを潜り抜けてきた選手をご紹介します。

 

 

はい。モアイさんです。

 

さすがは南国育ち、威風堂々たるライディングですねぇ。完全に乗りこなしてますよ、これは。

 

 

見事なチューブライディングでした。

 

 

さぁ、解説の間に早くも次の選手が!

 

 

こちらは、タヌキさんですね。編み笠で日よけ対策も万全です。ちょっとフラっと乗ってみた感じの脱力感がなんとも言えません。

 

 

選んだ波(ネクタイ)がまたいいとこ突いてますよ。裏地に見える葛飾北斎の絵とマッチングしていますね。

 

 

完全に計算しつくされたライディングです。

 

 

また、次の選手が来次第、ご報告しますね〜。

 

 

モアイさんが乗った波(サムライ 西陣織ネクタイ)

 

 


タヌキさんが乗った波(北斎 西陣織ネクタイ)

 

 

 

 

 

 

こっそり値下げ

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 16:03

AGOです。

 

 

 

今日から携帯の新規契約で「しばり」がなくなりますね。AGOはまだ縛られてますが。。。

 

 

 

 

 

そんなこともあって、こっそり西陣織iPhoneケースを値下げしました。

 

 

 

 

 

お暇があればご覧ください(https://shop.fortunatokyo.com/?mode=cate&cbid=2363250&csid=0

 

 

 

 

 

 

AGO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステルス性を最大限に意識したデザイン・ネクタイで、ステルス・ワークを始めよう

  • 2019.10.28 Monday
  • 17:10

agoです(^^)

 

ついに、例のネクタイをこっそり販売開始します。

 

いま、静かに販売開始ボタンを押しました。

 

社内の誰にも言わないままに、今、ステルス・リリースです。

 

https://shop.fortunatokyo.com/?pid=146267786

 

こっそり買って、こっそり着けて下さい。

 

できれば誰にも教えないで下さいw

 

 

ago

 

 

 

【再入荷予定】11. ビクトリー ネクタイ レッド

  • 2019.11.15 Friday
  • 14:38

AGOです(^^♪

 

この季節にぴったりのネクタイ。11.ビクトリー(レッド)が今月末に再入荷する予定です。

 

実はこのネクタイ、去年の冬の時期にダーッと売れて

 

SOLD OUT してました(-.-)

 

お久しぶりです!ビクトリー(レッド)さん。

 

白馬にまたがる騎士柄がポイントです。

 

■11. ビクトリー(レッド) 西陣織シルク ネクタイ (12月初旬に販売再開予定12月12日再販開始予定。