叩き壊しますね!?(その1)

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 11:13


先日、診療所に行ってきました。整形外科です。

どうも歩くと足に痛みがありまして。しばらく放置していたのがいけなかったのでしょうか。

朝や休日は平気なのですが、疲労がたまった仕事帰りの道のりとか、軽く足を引きずって歩くくらいに悪化してしまいました。

足を強くぶつけたような記憶はありません。痛風の発症経験もございません。(例の値も今のところぎりぎり許容範囲内です。たしか。)

診療所でもとりあえずレントゲンを撮られましたが、先生も首をひねるばかり。

「ちょっと、エコーで見てみます」

痛みの中心部分を探索されながら、最近何か心あたりはないか聞かれます。が、ありません。

「あ、そういえば・・・」AGOがあることを思い出して、先生に話はじめるとほぼ同時に、

「ん!?ん〜、なんだ。なんかおかしいのがあるぞ〜」

先生がエコー映像を凝視しながら、少し嬉しそうにしているのが気になります。

「あの〜・・・」

「お、これだ!これ、おかしい。これ、なんだ!?」何だか先生、やっぱり少し喜んでるような。

「実は、20年くらい前に、もう右足か左足かも忘れましたが、足首の近く、剥離(はくり)骨折したことがあります。」

「それだ!それ!これ!」もう先生、完全に盛り上がっています。AGOはやや引き気味です。

映像を見ると、ちょろっと何か、先端に丸みをおびた小さな突起状のものが確認されます。それが剥離(はくり)骨折の後の部分らしく、骨片が突き出ているとのことです。

「手術してとっちゃう人もいるけど、痛いですから、あまりお勧めしません」と、先生。

なんとお優しい。はい、賛成です。おっしゃる通りでございます。痛いのは反対です。

「それか、叩き壊しちゃうかですね。」

(は?た、叩き壊すって、さっきよりヤバくな・・・)

「せっかく来たんですから、やっちゃいましょう!はい、師長さんご案内。」

(つづく)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 「見える化」と「見えない化」
    AGO (10/03)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM