サーフィン大会(髻忘能日

  • 2019.07.11 Thursday
  • 15:09

 

もうすぐ海の日です。FORTUNA Tokyoでは、AGO主催のサーフィン大会が開催されましたので、その模様をお伝えしています。

 

本日は、昨日に引き続き2日目の最終日となります。昨日同様に会場は本物の海ではありません。西陣織の生地と、ネクタイで海や波を表現しています。

 

最後にいろいろと宣伝する気だからです。

 

それでは、エントリー選手のライディングをご紹介していきましょう。

 

 

さぁ、見えてきました。熊さんですが、、、おっと、よく見ると、シャケをくわえていますね。サーフィン中にゲットしたということでしょうか。趣味と実益を兼ねたスポーツとして、新しいスタイルを披露しています。

 

最後まで、実に安定感のあるライディングですね。

 

 

さぁ、次は、、、ん?

 

これは、少し暗くて分かりづらいのですが・・・

 

 

あ〜、見えました。波のチューブを抜けてくるのは、ホワイト小僧さんですね。むかしは時々見かけましたが、最近あまり見ないタイプの。

 

 

ん〜、ちょっとここで気になるのは、ウェット・スーツの件で・・・完全なネイキッド・スタイルですが、ちょっと大会規定を確認しますね・・あ、えーと、付則の4条2項が適用されて、セーフです。よかったですね。

 

 

最後まで、ポーズを崩さずに自らのスタイルを貫き通しています。

 

大会のラストを飾るにふさわしい、素晴らしいライディングでした。

 

■熊さんの波(ネクタイ) 

■ホワイト小僧さんの波(ネクタイ)

サーフィン大会(顱

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 19:30

 

もうすぐ海の日です。FORTUNA Tokyoでは、AGO主催のサーフィン大会が開催されましたので、その模様をお伝えします。

 

今回の会場は少し変わっていまして、本物の海ではありません。西陣織の生地と、ネクタイで海や波を表現してみました。

 

理由は明確で、最後に宣伝する気だからです。

 

さて、それでは早速ですが、最初に波のトンネルを潜り抜けてきた選手をご紹介します。

 

 

はい。モアイさんです。

 

さすがは南国育ち、威風堂々たるライディングですねぇ。完全に乗りこなしてますよ、これは。

 

 

見事なチューブライディングでした。

 

 

さぁ、解説の間に早くも次の選手が!

 

 

こちらは、タヌキさんですね。編み笠で日よけ対策も万全です。ちょっとフラっと乗ってみた感じの脱力感がなんとも言えません。

 

 

選んだ波(ネクタイ)がまたいいとこ突いてますよ。裏地に見える葛飾北斎の絵とマッチングしていますね。

 

 

完全に計算しつくされたライディングです。

 

 

また、次の選手が来次第、ご報告しますね〜。

 

 

モアイさんが乗った波(サムライ 西陣織ネクタイ)

 

 


タヌキさんが乗った波(北斎 西陣織ネクタイ)

 

 

 

 

 

 

「見える化」と「見えない化」

  • 2019.06.24 Monday
  • 19:42

世の中では圧倒的に「見える化」促進なんですよね。いろんなものが。

 

 

見えないものが見えるようになるとか、見えないものの中にある価値が注目されることはとってもいいことだと思います。

 

でもそれと同じくらいに、見せない価値というか、見せない正義ってあるんじゃないかなとも思います。

 

 

いや、なんか、AGOは少々天邪鬼なところもあるのかもしれませんが、なんでもかんでも「見える化」が進むことにはどこかしら違和感を覚えるような気になってくるわけで…

 

 

そのへんをひとつテーマとして、モノづくりにも結び付けてみたいところです。

 

 

AGO

 

新作西陣織ネクタイ・プレスリリースしました

  • 2019.06.19 Wednesday
  • 10:36

本日プレス・リリース完了しました。

 

 

新作は「22. Revival リバイバル」西陣織ネクタイです。

 

 

発売当初より根強い人気を持つ「10. グラティチュード」のDNAを色濃く引継ぎました。

 

和格子のラインに歴史の流れを表し、交点に映る正方形に人々の絆を表現したデザインが特徴的な西陣織ネクタイです。

 

高密度でシルクの打ち込み量が非常に多いため、一般的なネクタイの倍以上の生地厚があり、上品で高級感のある仕上がりとなりました。

 

 

■商品情報 

22. Revival リバイバル 西陣織シルク ネクタイ

カラー:グリーン、パープル、ブルー、イエロー、ピンク

先行予約割引URL:https://shop.fortunatokyo.com/?pid=143683736

*先行予約割引は、7月1日午前10時までとなります。


サイズ:剣幅8cm、長さ142cm
素材:シルク100%(日本製)


先行予約割引価格:9,720円(税込)
通常価格:10,800円(税込)


付属メッセージカード
'Never give up, dear.'「諦めないで。」

 

 

 

明日、新作西陣織ネクタイをリリースします

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 19:06

お題は、過去のブログで触れてきた「二代目グラティチュード(仮)」西陣織ネクタイのことです。

 

名前は、変わります。

 

 

 

二代目〜という商品名ではなく、今回の新作に込めたコンセプトをストレートに反映した商品名となります。

 

 

 

明日の朝、おそらく皆様の始業時刻前には、プレスリリースが配信される算段です。

 

 

 

お得な情報も盛り込んでいますので、お見かけの際には是非、ご一読ください。

 

 

 

こちらの場でも、追ってご紹介させて頂きますので、宜しくお願いします。

 

 

 

 

AGO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二代目グラティチュード(仮)

  • 2019.06.14 Friday
  • 19:58

嬉しいニュースです!ついに、新生グラティチュードの生産スケジュールがあがってきました。過去のブログでもご紹介の通り、AGOは自他ともに認めるグラティチュードの大ファンでございます。

 

本日は、二代目グラティチュード(仮)のプレスリリースにむけての準備を進めるという幸せな作業に従事することができました。

 

販売開始は月末か来月の頭を予定していますが、今回はAGOの肝いりで、先行予約割引販売につきましても前向きに検討してございます。早ければ来週にもプレスリリースを予定していますので、どうぞご期待ください。

 

AGO

宇宙人対策アイテム

  • 2019.06.13 Thursday
  • 20:07

詳しいことはよく分かりませんが、月の裏側の地下に何やら巨大な物体があるそうです。

 

いつか人類が掘り起こして地球に持ち帰るような日が来るのでしょうか。

 

隕石で作った刀というものがあるそうです。AGOは実物を拝見したことはありませんが、流星刀と呼ぶらしいですね。なんだかもう、名前からしてすでにカッコイイです。

 

もし機会があれば、地球にはない、宇宙物質を使用した服飾アイテムを創ってみたいですね。隕石を使用した時計(文字盤)なんかは既にあるみたいですが、繊維加工可能な物質となると、なかなかハードルが高いですね。染料としてなら、該当するものもあるのかもしれません。

 

でも、もし宇宙人がいた場合、どうなってしまうんでしょうね。勝手にその土地(星)のものを持っていったら、きっと怒るでしょうから。そういう時はやはり、紳士的に名刺交換から交渉に当たるのが良いのではないかとAGOは思いますね。

 

・いざ尋常に、名刺交換

■サムライ柄 西陣織名刺入れ(姫路レザー&西陣織)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コアラのマーチ的な

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 19:09

FORTUNA Tokyo のネクタイには小紋柄がたびたび登場します。もちろん、商品化の前に生地にすることが必要となるわけですが、例えばペガサス柄であれば、ペガサスがズラーっと生地に並ぶわけです。

 

それで先日、とある生地データについて打合せがありまして、「一つだけレアキャラを入れるとか、色を変えるとか」っていう、コアラのマーチ的なノリで軽く話をふってみたのですが、即ボツりました。また何か、別の形で採用されるように、再提案を考えます。

 

AGO

就活応援

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 19:03

 

来年の春に卒業を迎える大学4年生は、ちょうど今くらいの時期に最終面接のピークを迎えるようです。業種にもよりますが、概ねの傾向として、夏前が一つの大きな山場のようですね。

この時期はクール・ビズによってネクタイをする人が減ってしまいますので、ネクタイを着けた就活生の皆様を見かけると、心から応援したくなります。

夏を迎えても、なかなか思うように内定(内々定)の通知を得られない学生の方も、あきらめずに最後まで頑張って頂きたいなと思います。

「そういえばそろそろ、来年の新卒どうしようか」という弊社のような会社もございますし、大口採用をする企業様ですと秋採用枠もございます。

必ず、チャンスは到来します。そのチャンスを逃さずにつかみ取って下さい。



・就活生に、チャンスを贈る
■チャンス 西陣織ネクタイ

 

雨の楽しみ方ベスト3

  • 2019.06.10 Monday
  • 17:47

月曜日の雨もキライじゃないAGOです。

昔から、なぜか雨の日が嫌いではありません。ずぶ濡れになるとかはイヤですけどね。

雨の日は雨の日なりに、どこか別世界な感じがして、良い気分転換になるような気がします。そこで本日は、雨の楽しみ方ベスト3(AGO調べ)をご紹介します。

■第3位 テントの中から緑を眺める

大事な点は、自分は濡れないというところですね。濡れないポジションにいながら、テントに落ちる雨音を楽しみつつ、遠くの雨雲が山肌を流れながら雨を降らせていく様を見守ります。そして、ふと目の前を見てみると、雨水から避難する小さな生き物たちの動きも見て取れます。しかし、あまり雨脚が強まると、テント周囲の側溝を追加で掘る作業が発生します。その時は、覚悟を決めてずぶ濡れになるしかありません。掘るか、様子見か、雨空との駆け引きも楽しみの一つです。


■第2位 船上から海面を眺める

これも濡れないところから、というのが大事ですね。体温が奪われますので、あまり長い時間濡れ続けると楽しめなくなってしまいます。でも、釣りの最中となると少々濡れても頑張ってしまうAGOです。なんだか、雨が降ることで魚が油断して釣れやすくなるのではないだろうか、という勝手な思い込みに励まされます。ただそれ以上に、揺れる海面に無秩序に出没する波紋が、無条件に好きです。


■第1位 すぐ洪水する近所の小さな溝を眺める

これ、本当はダメなんでしょうけどね、いろんな意味で。まぁ、良しとして。ただもう分かるんですね。あ、このくらい降ったらまた景気よく溢れてるだろな、と。で、案の定、ジャンジャカやってるわけなんですね。おー、今日も凄いなー、と。なんでしょうね。子供の頃からそういうのを見て喜んでいましたので、AGOが成長していないだけかもしれません。

1位から3位を振り返ると、全部アウト・ドアですね。近所も含め。

雨の日を楽しく過ごす系のタイトルだと、大体屋内での遊びがメインになりますが、雨そのものを楽しむには、外に出かけるのが一番です。雨の日こそ、冒険に出かけましょう。



・そうさ、今こそ
■アドベンチャー・・・西陣織シルク100%ネクタイ